がんばれ東北!被災地地産品(特産品)を紹介かんたんサイト(東日本大震災復興支援・停電対策品)

東日本大震災被災地の早期復興の為、地元で頑張る企業の商品を紹介します。その企業を応援することで、被災地の雇用、経済を支える事ができます。ネットショップ初心者でもわかりやすい。小さなボランティアですが、みんなの力を結集したい!また、停電対策品をとことんリストアップ!
がんばれ東北!被災地地産品(特産品)を紹介かんたんサイト(東日本大震災復興支援・停電対策品) TOP > スポンサー広告> ■震災関連ニュース > 節電へ「時間差操業」、50社が夏場の電力不足対策に独自案/相模原

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

節電へ「時間差操業」、50社が夏場の電力不足対策に独自案/相模原

県単位での企業の節電対策もはじまったんですね。
動き始めると、日本人は、きっちりと対応する。
想定以上の効果が出てくるのではないでしょうか・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000024-kana-l14

(以下 ヤフーニュースより抜粋)

節電へ「時間差操業」、50社が夏場の電力不足対策に独自案/相模原

夏場の電力不足対策として、操業時間をずらすことで節電を実現する独自案を、相模原市内の企業約50社がまとめた。地域を3グループに分けて「時間差操業」する。電力消費のピークを分散させながら可能な限り通常業務を保てるとしている。近く相模原商工会議所として機関決定し、他の経済団体や政府、東京電力などに提案する。

 県商工会議所連合会によると、県内の商議所が独自案を提示するのは初めて。

 大手企業では自動車、電機、鉄鋼など業種別に操業日を分ける「輪番操業」案などが浮上しているが、複数の業種と取引がある中堅・中小企業への影響が課題になっている。業種を横断する形で練り上げた「時間差操業」は「限られた電力で生産性を維持にするのに有効」としている。

 独自案は、東電管内をA(栃木・群馬・茨城・千葉)、B(東京と静岡の一部)、C(神奈川・埼玉・山梨)に区分。Bグループを基準に、Aは時計を2時間早め、Cは2時間遅らせる。着想から「変則型サマータイム」と名付けた。操業時間が分散することで電力消費の集中を避ける効果が高まるとしている。照明や設備を止める昼休みの休憩時間も2時間制にする。

 発案した企業は相模原市を拠点としているという地域性が共通しているだけで、企業規模は大手から中小までさまざま。業種も多岐にわたる。発起人の一人で、システム開発受託のキャロットシステムズ(相模原市緑区)の西澤勇司社長は「町工場や中小企業が生産性を落とさないよう、節電は地域別で実施する方法が望ましい」と話している。

 政府は電気事業法に基づく電力使用制限令の発動を決定。契約電力が500キロワット以上の大口需要家には7~9月の平日の電力使用を昨年比25%程度削減するよう求める。小口需要家にも20%、家庭にも15~20%程度の削減目標を示している。

 日本経団連は業界ごとの節電策を積み上げた自主行動計画をまとめ使用電力の抑制を目指す。日本商工会議所も会員向けガイドラインを策定するなどして自発的な節電を推進する方針。


(以上 抜粋)



楽天-東北ふるさと物産展


●楽天-まち楽-岩手

●楽天-まち楽-宮城

●楽天-まち楽-福島



●被災のため、商品の出荷ができないお店もあります。

※商品説明も検索されますので、別の県のものが検索されている場合があります。

※対象の県以外のお店が、地産品として取り扱いをしている場合があります。この場合も、生産者が被災地域になりますので、購入により需要が生まれます。

※当サイトはリンク集です。実際のお買い物については各ショップで行うこととなります。

※このサイト内のアフィリエイトリンクで得た収益の一部は被災地へ募金させて頂き残りはサイト運営費に当てさせて頂きます。

※このサイトは個人が仕事の合間をみて、少しでも復興へ役立ちたい気持で、ボランティアで運営しております。
いつも応援ありがとうございます

FC2他の情報をもっと見る

スポンサーサイト
[ 2011/04/19 22:15 ] ■震災関連ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

このサイトの特徴

●被災地に生産拠点を置き、雇用をしている企業の商品を紹介
●復興支援用品・停電対策用品・防災・エコ用品など必要な用品を順次リストアップ!
●楽天・アマゾンを中心に各ネットショッップをまとめて見られる。
●被災地の復興情報も掲載
●ネットショッピング初心者でも簡単アクセス
●ショッピングモールの震災特別ページも掲載

カテゴリ
卵 (1)
twitter

このサイトについて

今回の大震災で被災地の経済状態は壊滅的で、経営難、雇用の確保、生活基盤自体が崩壊しています。

早期の復興の為に、今頑張れる地元の企業が、雇用を継続し
地域の経済を支えていく必要があります。

私たちは、日々の買い物に被災地の商品を買う事で、
これらの企業を応援し、早期の復興に少しでも尽力できれば
と思います。

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
最新コメント
訪問に感謝します


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。