がんばれ東北!被災地地産品(特産品)を紹介かんたんサイト(東日本大震災復興支援・停電対策品)

東日本大震災被災地の早期復興の為、地元で頑張る企業の商品を紹介します。その企業を応援することで、被災地の雇用、経済を支える事ができます。ネットショップ初心者でもわかりやすい。小さなボランティアですが、みんなの力を結集したい!また、停電対策品をとことんリストアップ!
がんばれ東北!被災地地産品(特産品)を紹介かんたんサイト(東日本大震災復興支援・停電対策品) TOP > スポンサー広告> ■大震災後の日本を生きる! > 大震災後の日本を生きる/ 生きる事は限りなく自然死に近づくこと/3世代同居の大家族を経験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大震災後の日本を生きる/ 生きる事は限りなく自然死に近づくこと/3世代同居の大家族を経験

うつ病になって、「生きる」という事を考えるようになりました。

長い付き合いの病気になってしまいましたが、この大震災はとてつもなく、大きな「生きる事」を考える出来事となりました。

私が、今、ずっと思い続け、毎日の生きる原動力になっているのが、「人間は生かされていて、毎日平穏に終わり、眠る前に今日一日生かされた事に感謝する」ということです。

うつ病になる前は、「自分が」生きている。「自分で」生きている。「自分の」命・・・と思い、ストレスと向き合う時も、この考え方が基本でした。

だから、何時も強いストレスを受けていたにも関わらず、自分で乗り越えられると思っていたのです。(自分への過信です)


今は、理解したとは思いません。未だに、「本当にそうか?」と、問われると自信をもって語れません。

【3世代同居の大家族】

私の家は、昔からの大家族で、おじいちゃん、おばあちゃん、父、母、子供の3世代同居の家です。

世代は変わりましたが、今でも3世代同居です。

おじいちゃん、おばあちゃんの死に直面してきました。

また、ご近所にも顔見知りのお年寄りが次々に亡くなっていくのも見てきました。
当家の親戚、母親の親戚も含めると多くの方のお葬式に参列してきました。

幼い私をおんぶしてくれたり、お菓子をくれたり、昔話を聞かせてくれた、やさしいおばあちゃん。
いつも、厳しかったおじいちゃん。

いまでも、肌のぬくもりと共に忘れることはありません。

人と人のふれあいが少なくなた現代、私は非常に恵まれた環境に育ったと思います。


人は死にます。どんなに、威張っていても、いい人でも、死にます。
それが普通です。

お葬式の時は、とても悲しく、いたたまれません。なぜ死ぬんだと思います。
でも、時間の経過と共に死を受け入れ、悲しみから開放されます。

「生きる」ということは、限りなく死に近づいていくということです。
「死」を意識しないかぎり、「生きる」意味はわかりません。



●楽天-まち楽-福島



●被災のため、商品の出荷ができないお店もあります。

※商品説明も検索されますので、別の県のものが検索されている場合があります。

※対象の県以外のお店が、地産品として取り扱いをしている場合があります。この場合も、生産者が被災地域になりますので、購入により需要が生まれます。

※当サイトはリンク集です。実際のお買い物については各ショップで行うこととなります。

※このサイト内のアフィリエイトリンクで得た収益の一部は被災地へ募金させて頂き残りはサイト運営費に当てさせて頂きます。

※このサイトは個人が仕事の合間をみて、少しでも復興へ役立ちたい気持で、ボランティアで運営しております。
いつも応援ありがとうございます

FC2他の情報をもっと見る

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

このサイトの特徴

●被災地に生産拠点を置き、雇用をしている企業の商品を紹介
●復興支援用品・停電対策用品・防災・エコ用品など必要な用品を順次リストアップ!
●楽天・アマゾンを中心に各ネットショッップをまとめて見られる。
●被災地の復興情報も掲載
●ネットショッピング初心者でも簡単アクセス
●ショッピングモールの震災特別ページも掲載

カテゴリ
卵 (1)
twitter

このサイトについて

今回の大震災で被災地の経済状態は壊滅的で、経営難、雇用の確保、生活基盤自体が崩壊しています。

早期の復興の為に、今頑張れる地元の企業が、雇用を継続し
地域の経済を支えていく必要があります。

私たちは、日々の買い物に被災地の商品を買う事で、
これらの企業を応援し、早期の復興に少しでも尽力できれば
と思います。

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
最新コメント
訪問に感謝します


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。